詰将棋アプリ開発ログ

1億総将棋ファン社会を目指し活動中。手始めに詰将棋アプリを開発中。

【仮想通貨って何?】5分で分かる仮想通貨

ニュースでよく聞く仮想通貨やビットコイン

私も投資対象として興味を持って、ここ2週間は仮想通貨のことばかり調べてました。

仮想通貨ってなんなの?って人向けに仮想通貨の解説記事を書きました。

仮想通貨ってそもそも何?

ざっくりいうといろんな技術を使ったデジタルな国際通貨

デジタルだと何がいいか?

効率がいい

たとえばコンビニで現金払いするときをイメージしてみてください。

札出して小銭出して、しかもお釣りないようにしようとか、お釣りの小銭の枚数が少なくなるようにとか考えて、お金を渡し。

店側も間違えないように渡す。

その時間数十秒。

だけどこのやり取りが膨大(多分1日で何人の生涯が終わるぐらい)にあるのでこれをなくせばものすごい効率的ですよね。

私は飲食店のバイトしていたから分かりますけど、1日の終わりに締め作業があって売り上げとレジのお金があっているか確認してました。

仮想通貨になれば売り上げも一瞬で分かります。

送金が早くて手数料が安い。

海外に送金するとき、複数銀行を経由するから手数料もとんでもなくとられます。

また金曜の15時以降になると送金されるのが月曜の午前になってしまう。

仮想通貨なら手数料がぐっと安くなって、全世界どこにでも一瞬で送れます。

クレジットでもよくね?

たしかに払う側はそうかもしれないけど、店側は毎回3%の手数料を取られるのが地味に痛い。

仮想通貨なら手数料は1%以下(本当は個人間なら0.1%とか)になるしカードリーダもいらない。

クレジットは月末になるまでお金をもらえないけど仮想通貨ならすぐに振り込まれる。

じゃあ円をデジタルにすればいいんじゃね?

日本はそうかもしれないけど、一国が傾くことなんてまれによくある。

ジンバブエハイパーインフレ(貨幣の価値が数万分の1になった)とかギリシャ危機(銀行から降ろせる金額に制限がかかった)なんかが代表。

国の通貨だと国が危険な状態(戦争状態とか金融危機)になるとその価値が暴落することがある。

仮想通貨はコインにもよるけど使う人たちが相互に管理するしくみがあって国に依存しないので(本来は)値崩れしづらい通貨なのです。

仮想通貨は知らない間に私たちの生活に溶け込んでくる

こんな感じで仮想通貨はお金周りの問題とか手間を取り除けるスゴイ技術。

今はその実現に向けて各コインの運営開発陣とか支援する企業が頑張っているところ。

消費者としての一個人だと日本にいると「別になくてもいいんじゃね?」って思うかもしれない。

しかし、その便利さやコストメリットが劇的なので数年〜10年くらいかけて少しずつ浸透して行くはず。

じゃあ仮想通貨に投資した方がいいの?

今言ったように世界を変える技術なのは間違えない。

そしてその需要は世界中に広がっていることを考えるとそうした成長性に目をつけて投資するのはいい。

ただそのコインの妥当な値段なのかが全然分からないのがやっかい。

今は投資対象としての人気がうなぎのぼりだからいいけどバブルがいつはじけるかは分からない。

やるにしても余剰資金の余剰資金でやりましょう。

とりあえずやってみたい方へ

まず日本の取引所(日本円と仮想通貨のトレードができるサイト)に登録が必要です。

もちろん登録するだけなら無料なのでひとまず登録だけしておきましょう。

本人確認までに数日(Zaifが一番遅くて10日くらい)かかるので先に登録して、勉強して投資するか判断するのがよいです。

コインチェック

扱っているコインの種類が一番多い。

取引ではなく、売買なので若干割高だが初心者には買いやすい。

最近CMやっているけど、仮想通貨のネガキャンになってやしないかと心配になります

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ビットフライヤー

資本力が高く、不正にお金を送金されたときの保証が手厚い。

bitcoin-newstart.com

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Zaif

トレード手数料が格安なのが魅力。ビットコイントレードならなんとマイナス。

また月々積み立ててコインを買ってくれる積み立て投資もできるのでゆったり資産形成したい人にもおすすめ。

まとめ

詐欺とかマウントゴックス事件のせいで仮想通貨はなんとなくあやしいと思っている人が大半ですが、本来は人々の未来を変えていく明るい技術です。

投資するしないに関わらず、今後10年で急速に我々の生活に入り込んで来るのでこういう技術なんだってことだけ理解しておくだけでもいいと思います。

暴落しても責任は負えませんのであくまで投資は余力資金で行いましょう。