詰将棋アプリ開発ログ

1億総将棋ファン社会を目指し活動中。手始めに詰将棋アプリを開発中。

CentOSのviでシンタックスハイライト(色付け)する

CentOSでの設定関連はほぼviで編集しますが、デフォルト設定ではシンタックスハイライト(色付け)がされません。

今回はviで色付けされるようにします。

OSバージョンはCentOS7.4です。

viコマンドでvimを起動するように設定する

# rootユーザにスイッチ
su

#ルートディレクトリに移動
cd ~

# 設定ファイルを編集
vi .bashrc

.bashrcファイルに下記を追記。

alias vi='vim'

エイリアスは「別名」のこと。

これでviを打つとvimと打ったことになる。

source ~/.bashrc

で設定ファイルを再読み込みするとハイライトされているはず。

vimの設定

.vimrcに設定を書くとviを開くときに反映されます。

いろいろありますが、とりあえず下の2つだけ設定しておくだけでも便利になります。

# 行番号を表示する
set number
# 検索するときに大文字小文字を無視する
set ignorecase

終わり

linuxではvimで設定ファイルをいじることがあるので色々設定しておくとその後の作業が捗ります。

では!