詰将棋アプリ開発ログ

1億総将棋ファン社会を目指し活動中。手始めに詰将棋アプリを開発中。

CentOS7.4にphp72をインストール

CentOSphpの最新バージョンを入れてfpmで動かすまでの手順になります。

OSとバージョンはCentOS7.4になります。

# レポジトリ情報を追加
yum -y install http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

# php72をインストール
yum install --enablerepo=remi,remi-php72 php php-devel php-mbstring php-pdo php-gd php-xml php-mcrypt

# php-fpmをインストール
yum install php72-php-fpm

# インストールされたか確認
php -v 

# こんな感じで表示される
# PHP 7.2.2 (cli) (built: Jan 30 2018 12:47:44) ( NTS )
# Copyright (c) 1997-2018 The PHP Group
# Zend Engine v3.2.0, Copyright (c) 1998-2018 Zend Technologies

設定ファイル(/etc/opt/remi/php72/php-fpm.d/www.conf )に変更が必要。

設定ファイルの中のapaceってなってるところをnginxに変え、listen.modeを0666に変更。

vi /etc/opt/remi/php72/php-fpm.d/www.conf 

- user = apache
- group = apache
- listen.owner = apache
- listen.group = apache
- listen.mode = 0660

+ user = nginx
+ group = nginx
+ listen.owner = nginx
+ listen.group = nginx
+ listen.mode = 0666

その後php-fpmを再起動します。

systemctl restart php72-php-fpm

次にnginx側の設定ファイルを編集する。

- location / {
-     root   /usr/share/nginx/html;
-     index  index.html index.htm;
- }
+ location / {
+     root   /home/ユーザ名/www;
+     index  index.html index.htm index.php;
+ }

- #location ~ \.php$ {
- #    root           html;
- #    fastcgi_pass   127.0.0.1:9000;
- #    fastcgi_index  index.php;
- #    fastcgi_param SCRIPT_FILENAME /scripts$fastcgi_script_name;
- #    include        fastcgi_params;
- #}
+ location ~ \.php$ {
+     root           /home/ユーザ名/www;
+     fastcgi_pass   127.0.0.1:9000;
+     fastcgi_index  index.php;
+     fastcgi_param  SCRIPT_FILENAME  $document_root$fastcgi_script_name;
+     include        fastcgi_params;
+ }

設定を反映させるために systemctl restart nginxで再起動。

ユーザディレクトリ下にwwwフォルダを作ってindex.phpを作成します。

mkdir ~/www
vi ~/www/index.php
<?php
    phpinfo();
?>

確認

ブラウザでhttp://ipアドレス/で表示されるか確認。

403 forbiddenが表示されたときはユーザディレクトリに権限が足りないので chmod 755 /home/ユーザ名で追加。

下記のようなphpの情報画面が表示されれば成功です。

f:id:tukushiari:20180201111114p:plain

次回

いよいよ次回はphpとsqlite3(データベース)を連携してデータベースからデータをブラウザに表示までやってみようと思います。

ではでは!